休みを万全に迎える

お風呂にゆっくりと浸かることで、体の疲れが癒される効果があります。 日本人は特に休みを取るのは悪い事で、頑張って働くことが良いことという考え方が根底にあります。しかし、休みを万全に迎えるためにも、十分に疲れを癒せる休養を行うことは健康に生きて行くうえでも大切です。 疲れを癒すためのお風呂の温度は、ぬるめが良いです。たっぷり目のお湯ならば、38℃くらいの温度にしてゆっくりと浸かるのがオススメです。 毎日たっぷりのお湯を用意しなくても、特に疲れた時だけ浸かるという休み方をしても構いません。 他にも、半身浴などをしたいというのであれば42℃くらいの熱めのお湯でも良いです。こちらは体を温める効果が強く、冷え性の人に最適です。入るときには風邪をひかないように肩に乾いたタオルなどをかけて入るようにしましょう。 疲れを残して家事や仕事、オフの時間に望んでも本来の力は発揮できません。休みを取ることを悪と考えず、効率をアップさせるものと考えて万全の体調にしておきましょう。

Copyright(c) 2015 疲れを残さないためにお風呂に入る All Rights Reserved.