入浴の仕方も色々

ラッシュアワーの満員電車に揺られた後にオフィスでの仕事や残業に追われる会社員、家事に子育てに奮闘する主婦の皆さん、また、学生さんでも受験勉強や部活の練習と、日々の疲れや感じるストレスが何かとのしかかってきてしまう現代社会。  そんな人々に心地良い安らぎを与えてくれるお風呂の入浴は頼れる味方がではないでしょうか。入浴は疲労を回復しリラックスするために最適の方法とも言われています。    元来、入浴好きの日本人にとってのお風呂は小さなオアシスのようなもの。そこでさらに入浴の仕方を色々と工夫することによって、  「できれば温泉にでも行って羽を伸ばしたい、でも時間がない」  という方は、自宅のお風呂でも普段と入浴の仕方を変えてみるとリフレッシュした気分になれますし、  「いつもシャワーで済ませてしまうので、あまり湯船につからない」  という方も、ぜひ色々な入浴の仕方にチャレンジしてみてはいかがでしょう。  一般的にイメージできる浴槽につかる姿勢、いわゆる全身浴以外には半身浴と部分浴というものがあります。  体への負担が少ないぬるめのお湯での半身浴には体の冷えをゆっくりと温めてくれる効果や血行の促進なども期待できるのです。  足湯が比較的有名な部分浴ですが、他には手浴などもあります。足湯はその名の通り足元の疲労回復、それだけでなく内臓の疲労やむくみの改善にまで役立ちます。手浴は目の疲れや頭痛、さらに肩こりや女性のハンドケアにも良いとされます。  自宅での部分浴には専門のグッズも数多くありますし、もちろん浴室用の桶やタライ等があれば簡単にできるので大丈夫です。  お風呂と睡眠にも密接な関係があります。ぐっすりと心地良い眠りのためには、ぬるめのお湯につかって副交感神経を活発にさせることが大切なのだそうです。ふとんに入る約2時間前の入浴がおすすめです。  普段のお風呂にほんのちょっとした工夫の意識をすることによって、身も心も、さらにホッとしましょう。

ただお風呂に入るだけは

1日の疲れをとるためにゆっくりお風呂に入ろう、と  ⇒ 詳細は見出し

Copyright(c) 2015 疲れを残さないためにお風呂に入る All Rights Reserved.